【三宅まさるの山城コラム】#1 山城製作のきっかけ


筆者が今回の山城プラモデルの話を聞いたのは2019年9月頃であったと思う。
本プロジェクトを推進する藤井氏より、「山城をプラモデル化したい」という話を聞いたのは神戸であった。

当初は半信半疑。そのような難しいことが実現てきるのだろうかと思ったが、とりあえずは持ち帰って考えてみた。
城郭研究をしている身で、まず興味をそそられたのが「建物のあるなしには限らず山城を立体化をする」ということである。
城郭研究者(主に縄張り研究)は、現地を測量した平面図「縄張り図」を作成する。
今では城を扱う本に掲載されることも多くなってきた。しかし、それは制作する人によって、その方法から精度まで違っているのが現状である。
また、平面図であることから高低差の表現は難しく、その図を持って現地に行ったとしても、自分が想像した城とは違って見えることが少なくない。

もし、山城を立体化できるならば、面白いことになりそうである。

投稿者プロフィール

勝三宅
勝三宅
城郭ドットコム管理人。
関西を中心に、数百の城を歴訪。縄張り図の制作を行っている山城のスペシャリスト。
「廃城をゆく」「大きな縄張り図で歩く!楽しむ!完全詳解 山城ガイド」「図解近畿の城郭」など執筆多数。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です