【新商品】1/1000スケールモデルを販売開始!


やっぱり、見ごたえがある方がええ!

先般よりInstagram等で写真を発信しておりますが、今回、駿河丸子城の1/1000スケールを創ってみました。
創ってみた率直な感想としては、1/1500スケールのものよりも、「見ごたえがある」そして「築城しやすい」でした。

「見ごたえがある」:

1/1500スケールの場合、山城全体の縄張りを取込むことができ鳥瞰するという意味では非常に面白いと思います。
一般的にお城のプラモデルやジオラマというのは天守閣や主郭周辺にfocusしたものが多い中、山全体を俯瞰できるというのは重要なオモシロさの1つだと思います。
しかし、やはり建物などが極めて小さなものになってしまいます。冠木門などは鼻息で消えてしまうくらいの極小の部品となり、取り扱いが非常に大変でした。ところが、1/1000スケールだと丸子城の場合はですが、一部を除いてほぼ山城の縄張り全体をカバーすることができ、且つ建物類が1/1000サイズなどである程度目視で確認でき、築城する際にも扱いやすく、建物類を配置するときの楽しさが非常にありました。

ということで、ぜひこの1/1000スケールの楽しさを皆様にも味わってほしいと思い、1/1000スケールシリーズも商品化することにいたしました。
まずは、駿河・丸子城です。今後、既存の1/1500シリーズのモノも含めて、順次商品化していきたいと思います。

1/1000 駿河・丸子城


戦国の山城製作所

「戦国の山城製作所」サイトオーナー。 日本人は「遊び」の名人!戦国時代の山城を遊びましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP